ぶりの照り焼き

※写真をクリックすると大きい画像を表示します

[ 調理時間:25分 ]

[ 1人分のエネルギー:323 kcal ]

ぶりに塩をふっておくと余計な水分と臭みが抜けて、よりおいしくなります。先に焼きつけてから味をからめると崩れにくく、短時間で味が染みて、おいしく仕上がります。

[材料
[作り方]
ぶり4切れ(1切れ=80〜100g)
少々
Aしょうゆ大さじ2
みりん大さじ2
大さじ2
砂糖大さじ1
サラダ油大さじ1
だいこん300g(1本=1000g 10cm=300g)

※対応人数変更の際、中途半端な量になった場合は、切りの良い量に調整してお作りください。(例)3・3/4コ→4コ

※エネルギー表示は「五訂食品成分表」に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

  1. 1.ぶりはバットに並べ、塩少々をふって10分置く。Aの調味料は混ぜ合わせておく。大根はすりおろしておく。
  2. 2.フライパンを中火で熱し、サラダ油を入れ、水気を拭いたぶりを表側にする方から中火で2分焼く。
  3. 3.裏返してさらに2分焼き、ペーパータオルでフライパンの余分な油をふき取る。
  4. 4.Aをまわし入れ、強火にして味を全体に絡める。お好みで青しそをしき、皿に盛り、大根おろしを添える。
  5. ※料理監修 小田真規子