関東風おでん

※写真をクリックすると大きい画像を表示します

[ 調理時間:160分 ]

[ 1人分のエネルギー:361 kcal ]

下ゆでと油抜きは丁寧に。中まで味がじっくり染み込んでふっくら美味しい。煮立てないように、弱火でゆっくり煮ていきましょう。

[材料
[作り方]
4コ(1コ=50g)
ちくわ1本(1本=30g)
昆布1枚(1枚=30cm長さ)
だいこん1/2本(1本=1000g 10cm=300g)
板こんにゃく1枚(1枚=250g)
ごぼう天4本
揚げボール8コ
油揚げ2枚(1枚=20g)
切りもち2コ
Aしょうゆ1/2カップ
みりん1/2カップ
7カップ

※対応人数変更の際、中途半端な量になった場合は、切りの良い量に調整してお作りください。(例)3・3/4コ→4コ

※エネルギー表示は「五訂食品成分表」に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

  1. 1.卵は固ゆでにして殻をむく。ちくわは大きめの乱切りにする。昆布はひたひたの水に1時間程浸けてやわらかくし、縦半分に切る。それぞれ結び目を2つずつ作り、その間を切って結び昆布を作る。餅は半分に切る。
  2. 2.大根は2cm厚さの輪切りにして皮をむき、鍋に入れてたっぷりの水を注ぎ、中火にかける。煮立ったら弱火にして10分ゆでてそのまま冷ます。
  3. 3.こんにゃくは8-12等分の三角形に切って鍋に入れ、かぶるくらいの水を注いで中火にかける。煮立ったら弱火にして2-3分ゆでる。
  4. 4.ごぼう天・揚げボール・油揚げは、たっぷりの熱湯で1-2分ゆでて油抜きする。
  5. 5.巾着を作る。(4)の油揚げを絞り、半分に切って袋状に開き、切った餅を1コずつ入れて口を楊枝でとめる。
  6. 6.Aを小鍋に入れて煮立て、アルコール分を飛ばす。
  7. 7.鍋に(6)・水・(2)の大根を入れて中火にかけ、煮立つ直前に弱火にして30分煮る。(3)・(4)を入れて弱火で30分煮る。
  8. 8.卵・昆布・巾着を加えてさらに30分煮る。お好みで、溶きがらし・柚子こしょうを添えていただく。
  9. ※料理監修 小田真規子