広島風かきの土手鍋

※写真をクリックすると大きい画像を表示します

[ 調理時間:30分 ]

[ 1人分のエネルギー:264 kcal ]

かきが旬を迎えたら、一度は作りたい土手鍋。みそは家にあるものを組み合わせてもよいでしょう。かきは加熱しすぎると固くなるので注意。

[材料
[作り方]
かき(むき身)500g
焼き豆腐1丁(1丁=300g)
はくさい500g(1株=1000g 1枚=100g)
ねぎ200g(1本=60g 10cm=25g)
しめじ100g(1パック=87g)
にんじん1/2本(1本=150g)
しゅんぎく1わ(1わ=200g)
昆布10cm
赤みそ(八丁味噌)150g(1カップ=230g 大さじ1=18g 小さじ1=6g)
大さじ1
みりん大さじ1
すりごま(白)大さじ3(大さじ1=9g 小さじ1=3g)
しょうが(すりおろし)大さじ1(1かけ=10g=大さじ2/3=小さじ2)
3カップ

※対応人数変更の際、中途半端な量になった場合は、切りの良い量に調整してお作りください。(例)3・3/4コ→4コ

※エネルギー表示は「五訂食品成分表」に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

  1. 1.かきは薄い塩水でふり洗いをする。ザルにあげて水気をきり、ペーパータオルで水気を拭く。焼き豆腐は6〜8等分に切る。
  2. 2.白菜はザク切り、長ねぎは1cm幅の斜め切りにし、しめじは小房に分ける。にんじんは皮をむき、5mm厚さの輪切りにしてからお好みの型で抜く。春菊は長さを半分に切る。
  3. 3.ボウルにAを順に加えて混ぜ合わせ、鍋のふちに塗る。鍋に昆布、水を入れて中火で熱し、煮立つ直前に昆布を取り出す。煮立ったら豆腐、野菜、かきを加え、みそを崩しながらいただく。味が濃くなってきたら水を適宜加える。
  4. ※料理監修 小田真規子