焼きさんまのバターレモン醤油

※写真をクリックすると大きい画像を表示します

[ 調理時間:15分 ]
(さんまに塩をしておく時間除く)

[ 1人分のエネルギー:454 kcal ]

旬のさんまは定番の塩焼きもいいけれど、手軽でおいしいレシピがまだまだあります! さんまの脂を引き立てるバターの香りと、食欲をそそるレモン醤油が新鮮な一品。

[材料
[作り方]
さんま4尾(1尾=100g)
にんにく1かけ(1かけ=10g=大さじ2/3=小さじ2)
レモン汁大さじ4(1コ分=45cc)
オリーブ油大さじ2
バター40g
しょうゆ大さじ2
パセリ 適量(1枝=5g)
大さじ2/3

※対応人数変更の際、中途半端な量になった場合は、切りの良い量に調整してお作りください。(例)3・3/4コ→4コ

※エネルギー表示は「五訂食品成分表」に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

  1. 1.さんまは半分に切って内臓を取り、塩をふって10分程おき、水気が出てきたらペーパーで拭く。にんにく、パセリはみじん切りにする。
  2. 2.フライパンにオリーブ油、にんにくを入れて中火で熱し、さんまを焼く。表面に焼き色がついてきたらバターを加えて溶かし、レモン汁、しょうゆを加えて煮からめ、火を通す。
  3. 3.皿に盛り、パセリをふる。お好みでレモンの薄切りを添える。
  4. ※料理監修 池田桂子