包まず作る〈いきなり餃子〉
※写真をクリックすると大きい画像を表示します

[ 調理時間:20分 ]

[ 1人分のエネルギー:223 kcal ]

見た目はふつうの餃子ですが、じつは作り方に秘密が……!? 一つずつ包まず、フライパンにいきなり皮と肉だねを並べ、形を整えるだけ。箸で切り分けて召し上がれ。


[材料

豚ひき肉100g
キャベツ150g(1コ=1000g 1枚=60g)
A鶏ガラスープの素(顆粒)小さじ1
30cc
小さじ1/2
ぎょうざの皮24枚(1枚=6g)
ごま油大さじ1
80cc

※対応人数変更の際、中途半端な量になった場合は、切りの良い量に調整してお作りください。(例)3・3/4コ→4コ

※エネルギー表示は「五訂食品成分表」に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

[作り方]

  1. Aはボウルで混ぜ、豚ひき肉を加えて練る。キャベツはみじん切りにして塩もみし、水分を絞って肉だねに加え、よく混ぜる。
  2. フライパンにごま油大さじ1/2を薄くのばす。餃子の皮12枚を、少しずつ重ねながらフライパンの形に沿って輪になるように並べる。
  3. 皮の中央に肉だねをのせ、ひとつなぎの輪にする。皮の両側にぐるっと1周分水を塗り、残りの餃子の皮をたねの上にかぶせ、皮の重なりを指でおさえて密着させる。
  4. フライパンを中火にかけて2分程焼き、水を周りから流し入れてフタをし、3〜4分蒸し焼きにする。フタを取って水気を飛ばし、残りのごま油を鍋肌から入れてカリッと焼き、器に盛る。
  5. ※料理監修 池田桂子

※直径25cmのフライパン1枚分です。
※写真は裏返したところです。