春の3色ぼたもち

※写真をクリックすると大きい画像を表示します

[ 調理時間:25分 ]
(米のとぎ・水切り・炊く時間除く)

[ 1人分のエネルギー:519 kcal ]

淡い色合いが目を楽しませてくれるぼたもちは、春のお彼岸にもぴったり。桜の塩漬けを練り入れた白あんは、甘さの中にほんのり塩気がきいて、上品で繊細な味わいです。

[材料 ★4人分]
[作り方]
もち米1合 
1/2合 
こしあん400g 
Aうぐいすきなこ1/2カップ弱(大さじ6)
砂糖大さじ3
少々
白あん200g
桜の花の塩漬け20枝

※対応人数変更の際、中途半端な量になった場合は、切りの良い量に調整してお作りください。(例)3・3/4コ→4コ

※エネルギー表示は「五訂食品成分表」に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

  1. 1.もち米と米は合わせてとぎ、炊飯器に入れて1.5合の目盛りまで水(分量外)を足し、1時間程置いて炊飯する。炊けたら、水に濡らしためん棒で粗くつぶし、12等分にしてまとめる。
  2. 2.水で濡らしてかたく絞ったふきん(またはラップ)を12枚分用意する。
  3. 3.<あんこのぼたもち>を作る。(2)にこしあんを薄くのばし、もちをのせて茶巾状に丸め、整える。
  4. 4.<うぐいすきなこのぼたもち>を作る。(2)にもちをのせて薄くのばし、こしあんをのせて丸め、混ぜ合わせたAをまぶしつける。
  5. 5.<桜あんのぼたもち>を作る。桜の花の塩漬けは塩抜き(※)して飾り用に4枝残し、残りは花の部分をみじん切りにし、白あんに混ぜる。(2)に白あんを薄くのばし、もちをのせて丸め、飾り用の桜をのせる。
  6. ※料理監修 池田桂子
  7. ※桜の花の塩漬けの塩抜き:表面の塩を振り落としてたっぷりの水に浸け、10分程度置き、味を見て塩辛ければ水を替えて繰り返します。ほんの少し塩気が残っているくらいが美味しい。