牡蠣と魚介のおでん

※写真をクリックすると大きい画像を表示します

[ 調理時間:25分 ]
(大根の下茹で時間除く)

[ 1人分のエネルギー:374 kcal ]

おでんに牡蠣とは意外ですが、産地では珍しくないのだとか。牡蠣のエキスがつゆに溶け出して、他の具までぐっと深みのある味わいに。市販のおでんの素で、極上おでんにランクアップ!

[材料
[作り方]
かき(加熱用)12コ
たこ(ゆで)100g(足1本=200g)
ほたて貝柱(ボイル)200g
いわしのつみれ(市販品)8コ
はんぺん1枚(1枚=100g)
だいこん8cm(1本=1000g 10cm=300g)
ゆで卵4コ
おでんの素1袋(1袋=17g)
適量

※対応人数変更の際、中途半端な量になった場合は、切りの良い量に調整してお作りください。(例)3・3/4コ→4コ

※エネルギー表示は「五訂食品成分表」に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

  1. 1.だいこんは2cm厚さの輪切りにして皮をむき、たっぷりの湯で10分程ゆで、そのまま冷ます。
  2. 2.かきは塩水(分量外)で振り洗いする。はんぺんは斜め半分に切る。たことほたては竹串を通す。
  3. 3.鍋におでんの素と水適量(パッケージに記載の分量を参照)を入れて中火で煮立てる。だいこん・いわしのつみれ・ゆで卵・はんぺん・ほたて串を並べ入れて10分程煮て、たこ串・かきを加えて3分程煮る。
  4. ※料理監修 池田桂子