きすとアスパラの南蛮漬
※写真をクリックすると大きい画像を表示します

[ 調理時間:30分 ]

[ 1人分のエネルギー:206 kcal ]

見た目にも華やかで、食卓に彩りを添えるメニューです。十分に油を切り、揚げたてを熱いうちに漬け込むと味がよくしみこみます。


[材料

きす12尾(1尾=40g)
アスパラガス1わ(1本=20g)
たまねぎ1/2コ(1コ=150g)
小麦粉大さじ3(大さじ1=9g 1カップ=110g)
しょうゆ1/3カップ
1/3カップ
だし汁1/4カップ
砂糖大さじ2
赤唐辛子1本
揚げ油 適量

※対応人数変更の際、中途半端な量になった場合は、切りの良い量に調整してお作りください。(例)3・3/4コ→4コ

※エネルギー表示は「五訂食品成分表」に準拠したデータをもとに計算ソフトを利用しています。目安としてご覧ください。

[作り方]

  1. きすは頭を落とし、内臓をとって水で洗い、水気をふき、腹開きにし骨をそぎとる。
  2. アスパラは根元のかたい部分を除いて4-5cm長さに切り、たまねぎは薄切りにする。
  3. Aの赤唐辛子は種をとって小口に切り、他の調味料と合わせておく。
  4. 揚げ油を170度に熱し、(2)を素揚げして、火が通ったら十分に油を切り、Aに漬け込む。
  5. きすは小麦粉をまぶし、(4)の揚げ油に入れ、うっすらきつね色になるまで揚げる。十分に油を切って熱いうちにA漬け込み、上下を返して味をなじませる。
  6. ※料理監修 小田真規子